MENU

守谷日和の経歴がおもしろい!芸名の由来がステキだった!プロフィールまとめ

2020年にR-1グランプリで初の決勝進出を果たし、2021年からは東京進出をした守谷日和さん。

これから東京で本格稼働していき、人気上昇の可能性がありそうですね!

そんな守谷日和さんの変わった経歴や芸名の由来をリサーチしてみました。

Contents

守谷日和プロフィール

まずは守谷日和さんのプロフィールを見てみましょう。

芸名守谷日和(もりやびより)
本名守谷 崇宏(もりや たかひろ)
生年月日1980年10月26日(41歳)※2022年1月現在
血液型A型
身長/体重164cm / 63kg
出身地大阪府堺市士師町
出身校日本海洋科専門学校マリンライセンスコース(2001年3月卒業)
所属吉本興業(NSC26期:2003年入学、当時22歳)
同期かまいたち・和牛・藤崎マーケット等
尊敬する芸人おぎやはぎさ矢作
趣味潜水、船運転、サッカー(ヨーロッパ)観戦、野球観戦
特技スキューバダイビング、素潜り、三点倒立
資格潜水士、一級小型船舶操縦士、NAUIダイブマスター

守谷日和さんはNSC大阪26期のピン芸人です。

テレビでもよく見かけるかまいたちや和牛と同期なんですね!

守谷日和芸人経歴

守谷日和さんは以前は「幕末てんぐ」というコンビ名で組んでいましたが、その後「ポートボール守谷」の芸名でピン芸人としての活動を開始されました。

詳しい経歴をまとめてみました。

2003年(22歳)NSC入学(26期)
中学、高校の同級生と一緒に入学
2004年〜2007年コンビ「幕末てんぐ」として活動
3年半後に解散
2007年〜2009年芸人廃業状態で2年間のアルバイト生活
2009年〜「ポートボール守谷」の芸名でピン芸人としての活動を開始
bassよしもとのオーディションを受ける
baseよしもと→5upよしもと出演
2014年2月upよしもと卒業
2014年8月28日なんばグランド花月で初単独ライブ『守谷have a dream 〜NGK日和〜』開催
2016年オールザッツ漫才2016 フルスイング王決定戦
「女キャッチャー」ネタで優勝
2019年MBS真夜中の歌ネタ王 – 優勝
2020年R-1ぐらんぷり – 決勝進出
2021年東京よしもとに移籍

守谷日和の芸人になる前の経歴がおもしろい

守谷日和さんのプロフィールを見て気になったのは趣味や特技に「潜水」や「スキューバダイビング」とあるところでしょうか。

潜水士としての資格も持っているようです。

守谷日和さんは一体何者!?と気になったので、この辺りをリサーチしてみると、すごい経歴がわかりました。

守谷日和の出身校

守谷日和さんは日本海洋科専門学校マリンライセンスコースを卒業しています。

イルカの調教師を目指し、高校卒業後スキューバダイビングの専門学校であったライセンスコースに入学し、潜水士の資格と船舶免許を取得したんだとか!

ダイビングも学校のカリキュラムにあったそうです。

現在こちらの学校は大阪動植物海洋専門学校に校名が変わっていました。

大阪動植物海洋専門学校は動物・植物・海洋生物に関することを学ぶことができる専修学校です。

いろんなコースがあるようですが、トリマーや犬の訓練士、海洋動物のトレーナー、水族館、養殖場、植物園等の職員など動植物海洋関連の仕事を希望する方たちを対象とした学校のようです。

守谷日和さんはマリンライセンスコースを卒業されているとのことですが、現在の水生生物コースに近いのかな?と思います。

こちらのコースはドルフィントレーナーやダイビングインストラクターを養成するコースのようです。

大阪動植物海洋専門学校の場所

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる